エドワーディアンスタイルの衣装テーブル

 
  • 2024年 05月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    今日
  • 2024年 06月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30       
 

トップ > 家具 > ドレッサー > エドワーディアンスタイルの衣装テーブル
家具 > サイドボード > エドワーディアンスタイルの衣装テーブル

商品名:エドワーディアンスタイルの衣装テーブル

年代
1910年代
サイズ
横108僉高さ96僉奥行50
ブランド名
イギリス

INFORMATION

化粧台として身支度の際に使用されていました。ヴィクトリア女王の死後に即位したエドワード7世時代(1901年〜1910年。もう少し幅を広げて1890年代〜第一次世界大戦までの間として期間を長く指すこともあり)のデスクです。エドワード7世は即位をした時には既にヨーロッパのファッションリーダーであったそうです。この、エドワード7世時代であるエドワーディアン時代は、大英帝国が陽の沈まない帝国として領土を拡張し、‘完成した感じ’の華々しく栄えた時代のようです。別名では‘ロマンティックゴールデンエイジ’と言い、豊かで平和な時代です。一次大戦が始まる前の大変良い時代であり、こうした時代背景で作られた衣装テーブル(ドレッシングテーブル)です。
ポイント
0
価格
186,000 円 (税込)
数量

DETAIL

  • 机上部の小引出しです。
    大事な、小さな小物を入れて収納してみたくなります。

  • 余裕のあるデザイン、という印象です。買付け時にも一際目立っており、華美さで目立っていたのではなく、余裕さの印象として際立つものがありました。

  • 引き出し部分は上段には2つ、下段には大きめのものが一つの計3つがあります。

IMAGE